レベル1の山

  • 山の画像

    筑波山
    (EL.877m)

    百名山でも標高が低い山の部類に入る筑波山ですが、梅の季節から初夏、紅葉から冬と楽しめます。特に春は梅林が美しく、山頂は霧氷になっていることもあります。

  • 山の画像

    八幡平
    (EL.1,613m)

    秋田県と岩手県の間に位置する日本百名山のひとつで、全国でも有数の紅葉の名所だよ

  • 山の画像

    岩木山
    (EL.1,625m)

    岩木山は青森県弘前市と鰺ヶ沢町に位置し、標高1,625mは県内一の高峰である。信仰の対象として古い歴史をもつ、津軽の人々のふるさとの山となっている。

  • 山の画像

    大台ヶ原(日出ヶ岳)
    (EL.1,695m)

    山頂直下まで開拓された関西の観光地という印象が強い大台ヶ原、開けた山肌が特徴的ですが、登山道を大杉谷にすることによりびっくりするくらい奥深い山登りを楽しめるようになります。日本三大渓谷から登る大台ヶ原には挑戦する価値があります。

  • 山の画像

    霧ヶ峰(車山)
    (EL.1,925m)

    季節によって様々な高山植物が楽しめることから、「花の百名山」にも選ばれているよ

  • 山の画像

    美ヶ原(王ヶ頭)
    (EL.2,034m)

    霧ヶ峰からほど近い美ヶ原、ここも観光地といってよい場所ですが、牛たちが戯れる牧場が山頂まで続く百名山ということで、牛がいる季節に行くのをお勧めします。雲海と牛なんてなかなか見ることができません。

  • 山の画像

    吾妻山
    (EL.2,035m)

    冬になればリトルスノーモンスターと呼ばれる樹氷が見られる西吾妻山、秋の時期はデコ平湿原の紅葉が美しい。麓には清流が湧き出し、東北の静かで奥ゆかしい山歩きを楽しめます。

  • 山の画像

    大菩薩嶺
    (EL.2,057m)

    南は滝子山まで続く長大な稜線を持つ山です、アクセスがよく開けて気持ちのいい稜線が広がる山ですが、牛奥ノ雁ヶ腹摺山まで歩くとその景色を存分に堪能できます、ちなみに後ろに黒川鶏冠山から見るときれいな三角形な形をしています。

  • 山の画像

    草津白根山
    (EL.2,171m)

    いまだ噴火活動が活発な草津白根山、山頂には真緑の火山湖「湯釜」を携え、その隣の本白根山には高山植物の群生地があります、ほぼ山頂まで車で行き山を楽しんだ後、草津温泉や万座温泉に入るのがお勧めの楽しみ方。

  • 山の画像

    乗鞍岳
    (EL.3,026m)

    北アルプスで最も整備された山です、ほぼ山頂ともいえる畳平まで観光バスが出ており、気軽にご来光を楽しむことが可能です。ですが、冬になればスキー場から本格的な冬山登山を楽しむことが可能です。

  • 山の画像

    開聞岳
    (EL.924m)

    鹿児島県薩摩半島最先端に位置する開聞岳(標高924m)は、標高1,000mに満たないが、日本百名山に選ばれている。錦江湾の入口、海門にあることから、「かいもんだけ」と呼ばれるようになった。均整のとれた円錐形の美しい山容から「薩摩富士」の別名もある。

  • 山の画像

    八甲田山
    (EL.1585m)

    青森県青森市と十和田市などにまたがる八甲田山は、1902(明治35)年の「八甲田雪中行軍遭難事件」で知られる。ひとつの山ではなく、18の峰々で構成される一つの大きな山体の総称である。

  • 山の画像

    阿蘇山
    (EL.1592m)

    熊本県北東部に位置する二重式火山で、阿蘇五岳と呼ばれる高岳(最高峰)・中岳・根子岳・烏帽子岳・杵島岳、さらにそれらを取り囲む周囲約128kmの外輪山を含めた総称。阿蘇山によってつくられた阿蘇カルデラは北海道の屈斜路湖カルデラに次いで日本で2番目に大きく、世界でも最大級だ。火山活動は現在でも活発。

  • 山の画像

    大山
    (EL.1709m)

    鳥取県西伯郡大山町にある、標高1709mの山。大山隠岐国立公園の中心地にあり、伯耆大山(ほうきだいせん)と呼ばれる中国地方の最高峰である。西斜面は末広がりのスロープを見せ、その山容から「伯耆富士」とも呼ばれている。

  • 山の画像

    赤城山
    (EL.1828m)

    群馬県の方にはおなじみの赤城山、山頂直下まで開拓されているためオールシーズン通して楽しむことができます。冬シーズンの霧氷を見に行くなら、赤城山は手軽で良い所です。

  • 山の画像

    剣山
    (EL.1955m)

    剣山は、徳島県美馬市、三好市、那賀郡那賀町の境にある標高1,955mの山。徳島県の最高峰であり、西日本でも同じ四国(愛媛県)の石鎚山に次ぐ第二の高峰だ。山名の印象とは異なる女性的な山容で、山頂部は木道が敷かれた「平家の馬場」と呼ばれる広い笹原になっている。

  • 山の画像

    月山
    (EL.1984m)

    百名山でも屈指の地味さを誇る山ですが、登るのもとても大変な山です。栃木県側からのアクセスが正規ルートですが、遭難の可能性が高いためソロで歩くのはお勧めしません。百名山の中では剱岳よりもある意味難しい山でしょう。

  • 山の画像

    四阿山
    (EL.1206m)

    長野県と群馬県の県境に位置し、群馬県側では吾妻山・吾嬬山(あづまやま、または、あがつまやま)ともよばれる。どこから見てもなだらかな山容で、その姿が屋根のように見えることから四阿山の名が付いたといわれる。

  • 山の画像

    伊吹山
    (EL.1377m)

    滋賀県と岐阜県の県境に位置する日本百名山で、山頂部は滋賀県側にある。ドライブウェイによりアクセスがよく、登山だけではなく観光、自転車のヒルクライムやスキーなど様々な楽しみ方で親しまれている山である。

  • 山の画像

    蔵王山(熊野岳)
    (EL.1841m)

    山形県と宮城県に跨る蔵王山、トレードマークのお釜までは刈田岳駐車場から徒歩五分、山頂までのアクセスもいい山ですが、その真価は南蔵王不忘山への縦走などで発揮されます、イチゲの時期は是非不忘山へ。

  • 山の画像

    大峰山(八経ヶ岳)
    (EL.1673m)

    大峰奥駈道で有名な大峰山、すべて歩き通すのはなかなか大変ですが、八経ヶ岳を含む中核部を楽しむのであれば和佐又山からの縦走がおすすめです、大普賢から弥山までアップダウンに富んだ大峰山の奥地を楽しむことができます。

  • 山の画像

    会津駒ヶ岳
    (EL.1733m)

    山頂稜線にいくつもの池塘を持つ会津の山、中門岳にたどり着けば空の鏡とも言える巨大な池塘が迎えてくれます。稜線は木道が続きとても歩きやすく、花と紅葉で楽しめることでしょう。

  • 山の画像

    火打山
    (EL.1917m)

    頚城山塊の中心に位置する百名山、隣に新潟焼山と妙高山があり、火打山からはその二つの山の景色を楽しむことができます。火打山の特徴は中腹にある高層湿原地帯「天狗の庭」でしょう、ワタスゲ咲く時期良し、紅葉の時期良しな山です。

  • 山の画像

    浅間山
    (EL.2568m)

    北関東のプリンス浅間山、噴火が絶えず前掛山まで行ける機会は貴重です、紅葉時期は唐松がとってもきれい。

  • 山の画像

    日光白根山(奥白根山)
    (EL.2578m)

    栃木県と群馬県にまたがる火山で、深田久彌の日本百名山にも選ばれている。山麓には湖沼も多く、たくさんの花を見ることができる。

  • 山の画像

    金峰山
    (EL.2596m)

    奥秩父の盟主とよばれる金峰山、千代の吹上から奥へと続く稜線は気持ちが高ぶります、春夏秋冬とオールシーズン楽しめる百名山です。